読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡市内特撮ロケ地巡りにおすすめの場所をピックアップしてみた

特撮ネタ

福岡は政令指定都市にもかかわらず東京から足を伸ばしやすい大阪や名古屋よりも遠いためロケ費がかかり意外と特撮の舞台になったことが少ないので巡るのも結構簡単です。

 

※直近の特撮作品では福岡はご無沙汰、ある程度大人の方の聖地巡礼的なものにならざるを得ないので料金は全て大人料金で書いています。

 

個人的におすすめは

福岡タワー→ドーム→新天町(岩田屋)→福岡市動植物園→中洲

この順番が一番回りやすいかなと思います。

 

福岡タワー(スタート)

巡りやすいように一番離れたところからスタート!

福岡市内で一番高い場所から市内を一望できます。

展望台の高さは123mで、シン・ゴジラの118.5mよりちょっと高め。

昇ると朝日新聞の一面を500円で印刷できるので好きな作品の公開日とか印刷すると面白いと思う。

www.fukuokatower.co.jp

登場作品:ゴジラVSキングギドラゴジラVSスペースゴジラ

アクセス:地下鉄天神駅から西新駅へ。そこから徒歩20分

料金:展望台800円

 

福岡ドーム(現:ヤフオク!ドーム)

ここはあえて旧称で呼ばせていただきたい。

平成ギャオスを閉じ込めた野球場。

球場の中が見たいなら夜の中洲に行くことを考えてデイゲームの方が余裕持って観光できるかも。 

 

登場作品:ガメラ 大怪獣空中決戦

アクセス:福岡タワーから徒歩10分

 

 

新天町と岩田屋

ラドンが襲撃した商店街。

しかし再開発されたのであまり当時の面影はないです。

(岩田屋は後日見に行きます)

登場作品:「空の大怪獣ラドン

アクセス:西鉄天神駅

 

福岡市動植物園

平成ガメラのヒロイン「長峰真弓」が働いている動物園。

こちらも建て直し等が進んで当時の面影はあまり残ってない。

 

f:id:yamino333:20170204174519j:plain

うっすら面影があった場所。

銀の柵がついて少しピンとこないかも。

登場作品:「ガメラ 大怪獣空中決戦」

アクセス:天神駅から薬院駅に移動し徒歩約20分、薬院からの無料シャトルバス有

 

中洲(ゴール)

最後は九州一の歓楽街・中洲へ。

屋台が有名だが地元民はあまり立ち寄らないのはここだけの話。

近くには「キャナルシティ」のM78ウルトラマンショップがあるので円谷ファンは立ち寄っておみやげを買おう。

 

登場作品:「ゴジラVSキングギドラ」「ガメラ 大怪獣空中決戦」

アクセス:中洲川端駅から徒歩5分 もしくは天神駅から徒歩12分

 

 

 

※その他余裕があれば

アクロス福岡

オーケストラをやったりするコンサートホール。

2016年には「伊福部昭の世界」と題したゴジラ楽曲のコンサートが行われました。

登場作品:「ゴジラVSスペースゴジラ

 

・JR博多駅

駅ビル建て替わったし行く意味あるかなと思ったけど一応一筆書いておきます…。

爆竜戦隊アバレンジャー」に旧駅舎が出てきます。

クロワッサンの匂いが充満。

登場作品:「爆竜戦隊アバレンジャー

 

・北天神

九州でも数少ないオタク街。

市内でまともなフィギュア等を探すならここくらい。

アニメ過疎地とは言われないものの東京の1/2程度の本数しかアニメがないため自然とサブカルに対する盛り上がりが薄く「まんだらけ」が1軒ある程度。

昭和特撮のソフビを中心に当時物のホビーが並びます。

九州最強のファミレス「ジョイフル」に行ってきた

「ガスト」「ジョナサン」など数多くのファミレスがあるが、九州で最強のファミレスは間違いなく「ジョイフル」であろう。

大通り沿いなどの車通りの多い場所に店を構えることが多いジョイフルは24時間営業でトラックの運転手などを中心に人気の店である。

 

今週の月曜日に「日替わりランチ」を目当てにジョイフルへ足を運んだ。

ドリンクバー付きで530円と他のファミレスを寄せ付けない格安のランチセットがジョイフルの魅力である。

月曜日はベーコンとハンバーグが付いたセットであった。

f:id:yamino333:20170204005825j:plain

前述の通り、トラックの運転手などに人気だからであろうか、コショウがしっかりと効いた濃い目の味付けがたまらない。

 

会計の時はいつも次回ドリンクバー割引券をくれるのもありがたい。

これは「かつ家」などが同じ手法を取っていて何度も足を運んでもらうようにする方法だ。

九州へ足を運んだ際は「牧のうどん」と「ジョイフル」に足を運ばなければ「もぐり」だと思う。

YouTubeからアドセンスが無くなろうがゴミみたいなYouTuberは残ると思う

YouTube

最近は東映特撮チャンネルの「コンドールマン」と「不思議少女ナイルなトトメス」を楽しみにしています。

 

巷で話題のYouTuberは最近検索汚しかいやがらせか馬鹿みたいに増えて困っています。

彼らが動画を上げる大きな理由は「Googleアドセンス」でひと稼ぎしたいからでしょう。

しかし、ブログと同じようにアドセンスこそが全てではなくステルスマーケティングをはじめとした商品紹介も彼らの収入源のひとつです。

しかもアドセンスなんて霞むほどの多額のマネーが動いているのだとか。


一説にはチャンネル登録者×1.5倍が相場なのだそう。

1万人の登録者がいれば1万5000円なので毎日商品紹介をしつづければ働くのも馬鹿らしくなりますね。

一方、アドセンスの収益は1再生0.1円が有名です。

1万回再生されようが1000円にしかならないのでアドセンスなんてもはや不要でしょう。

ニコニコもつまらないゲーム実況ばかりに力を入れて面白いMADが減ってしまったし、どこか面白い動画サイトがあれば教えてください。

小銭を財布から抜いておくメリット

お題「貯金の方法」

 

こんにちは。

皆さんはお金を貯めるときに色んな方法を使うと思いますが、私一押しの貯金の方法は「毎晩小銭を財布から抜くようにする」という方法。

人によりけりですが私は毎年1万円以上は貯まっています。

塵もつもればなんとやらというあれです。

 

今回はお題スロットのネタより小銭を財布から抜いておくメリットを紹介します。

 

1 財布が痛みにくくなるから長持ちする

この方法を始めた大きな理由がこれです。

昔から財布は身に着けていないと落ち着かず、ズボンのポケットに入れておかないと不安になるため長財布を一度も使ったことが無いのですが、二つ折財布はカードを数枚と小銭を入れると結構パンパンになってしまってすぐにボロボロになります。

小銭を抜いておくと財布が軽くなるだけでなく痛みにくくもなるのでおすすめです。

 

2 無駄な買い物が減る

自販機で買い物をするときにお札で買うと大量の小銭が出ます。

ひどい時は500円玉が出ないですべて100円玉で返却されることも。

そんな億劫な状態になることを避けるために自然と無駄に飲み物を買おうという意識がなくなりました。

 

ここで少しコツがあるのですが、大量の小銭がでるとはいえどうしても毎日日課にしている買い物があると思います。

私であれば愛煙家なのでたばこは毎日ショートホープを一箱消費します。

 

「ショートホープ」の魅力 - yamino333’s blog

 

そのため、小銭用の貯金箱は缶切りが必要だったりする取り出しにくいものではなくてフタ付きの缶の容器が便利です。

同じ愛煙家の方であれば「缶ピース」や「ザ・ピース」辺りが便利。

ショートホープは現在230円なので毎日財布から小銭を抜いて貯金箱から230円を抜くと無駄な小銭が生まれません。

たばこと一緒にコーヒーを飲む方は缶コーヒー代も含めて抜いておくと捗ると思います。

 

よろしければ是非試してみてください。

aiueo700氏の個人的ベストバウト集

YouTube

糖質系トップユーチューバーのaiueo700氏。

「普通」の僕からするとaiueo700氏や凸者の言動・行動にはもんにょりする部分が多いが、ネット民の格好のおもちゃにされていて見ている分には多少の面白さもあり、私は破壊系ユーチューバー「たむちん」氏のような脚本ものとして見ている。(間違いなく脚本ではないけどそう思わないと見ていてキツイやつが多い・・・)

今回はそんなaiueo700氏の片鱗が見れるベストバウトをまとめてみた。

※エアガンで攻撃する「aiueo007」(合ってる?)、生卵を家に投げ入れる、放火未遂などの明らかに行き過ぎた犯罪行為をしている凸者はここでは省きます。

(シュールなネタの方が僕は好みだというのもあるし、相手がアレでも犯罪は犯罪)

 

はじめに aiueo700とは?

 勤務先であった水道局を解雇になったことを機に精神に異常をきたし始め、キヤノンの工場では職場いじめにあったことからストレス発散のために1日に1000回以上警察に「ばかやろう」「逮捕してみろ」などの電話をかけ、実際に逮捕される。

1年4か月の刑期を終えた彼は自動車整備会社に殴りこんで暴力沙汰を起こすなどの問題行動で逮捕されていた模様。

YouTubeでは「集団ストーカー被害の実録」としてデジカメでの動画画像を2013年から投稿。

被害報告のスタイルであるため他のYouTuberのような加工や編集がされておらず、自分の顔が映るシーンは白黒かモザイクになる演出を行っている。

 

代表作である「本間姉弟」戦では本間弟に自転車のベルを鳴らされたことに腹を立てて追跡、蹴りをいれて転倒させたことで逮捕される。

 

1 VS 宇宙兄弟


【伝説の神回】 aiueo700 VS 宇宙兄弟 【aiueo700を大物YouTuberにした動画】

 隣人家の祖父(?)につばを吐きつけたことから兄弟が激怒。

名前の由来は有名な漫画「宇宙兄弟」に似ていることから。

荒くれ者のような見た目にもかかわらず「お母さん」呼びがなんともほほえましい。

 

2 VS ミラーマン

 


aiueo700 VS ミラーマン 一回戦 【ピアゴかぁ?カネスエかぁ?】

デジカメを片手にしているということを逆手に取り鏡を持って凸したミラーマン

ギリシア神話に登場する姿を見た者を石に変えてしまう能力を持った「メドゥーサ」はペルセウスの持つ鏡のように磨かれた盾に映った自身の姿を見たことで石になってしまったが、これは例えるなればまさに「平成のペルセウス」であろう。

 

3 VS 覆面紳士


【aiueo700(岩間好一)】覆面紳士ストーカーまとめ

 ミラーマンが「平成のペルセウス」ならこちらの覆面紳士は「平成のチャップリン」だ。

無言で商品紹介、火ばさみでゴミ拾いをするなどサイレント映画さながらのコミカルな動きは魅力的。

個人的に最も好きな凸者である。

 

4 VS 会いに来るアイドル「矢澤にこ


集団ストーカーに家をライブ会場にされました

aiueo700氏の動画はタイトルが「集団ストーカーに○○されました」という形式が多く、それに則ったタイトル。

終盤のヲタ芸が非常にキレがあり、喉ぼとけが出ていることやスカートのガードが甘いことからおそらく男性と思われる。

 

名言「俺はお前が俺を見たのを見たぞ」


俺はお前が俺を見たの見たぞ.aiueo700

「警察を呼ぶと金になるんか!?」などの名言も多いことが特徴。

特にお気に入りは「俺はお前が俺を見たのを見たぞ」で、多くの凸者はこれをパロディにしたものを多用する。

(「俺はお前が俺を撮ったのを撮ったぞ」、頭文字を取って「OOOMM」など) 

 

最後に

aiueo700氏は動画中のコメント欄で「私は精神障害ではない」と主張している。

素人目に見てもカウンセリング等を受けた方が良いと思われるが、行動が行動とはいえことの発端は「職場からの解雇」、「契約社員時代のいじめ」といった彼自身では改善が難しい環境におかれたことによるストレスであることは明白である。

明日、自分がこうなっているかもしれない、誰しもがこうなる恐れがあるということは心の片隅に置いておくべきであろう。

amazonアソシエイトのサイト追加方法が変更になっている件

ブログ関連

こんにちは。

 

当ブログは週に一回更新するかどうかくらいのまったりブログですが、「どうせなら収益化したいな」と思い、amazonアソシエイトのサイト追加はどうしたらいいのか検索していたところ、情報が古い物ばかりで紋切型のように「※登録WEBサイトの追加・変更の場合は、こちらからご連絡ください」をクリックしろという旨のものばかりです。

 

f:id:yamino333:20170130183526p:plain

こんなアクセス数の低いゴミブログにたどり着いた方は「そんなもんどこにも書いてねーよ!」と「おかんむり」の方ばかりでしょう。

 

Amazonは多くのアフィリエイトブログが収益化のために使用するサイトとして主要なものになっているからか、サイトの負担を減らしたいのか理由はよくわかりませんが以前よりさらにわかりにくい場所に連絡フォームを用意しています。

 

以下の画像はヘルプからです。

 

f:id:yamino333:20170130183549p:plain

 

新しいサイトを追加したい場合は「カスタマーセンター」へ連絡してほしいとのこと。

カスタマーセンターへの簡単なアクセス方法は

 

f:id:yamino333:20170130183600p:plain

 

サイト下部にある「Amazon アソシエイト・プログラムへのご提案やご意見はこちらからお送りください。」をクリックすればOK。

 

f:id:yamino333:20170130183747p:plain

「アカウント情報の変更・登録URLの追加など」を選択し、あとは古い諸ブログで紹介されている雛形通りに連絡すれば2~3日以内には返答が返ってくると思います。

初めてサイト申請した時と同じように、よほど完成度の低いブログでもない限りは普通に申請は通ります。

にわかクソガキの俺が観ると「シン・ゴジラ」がモヤモヤしてしょうがない

特撮ネタ

2016年を代表する映画シン・ゴジラ

円谷特撮が大好きな僕にとって久々の怪獣単体の映画ということでワクワクして見に行きましたが、中途半端な知識だとすごくモヤモヤした点があったので、少しでもものいいをすると駆けつけてボロカスにこき下ろしてくる「シン・ゴジラ警察」が減った今なら多少は書けるだろうと思って書いてみます。

※書きなぐったものなので後で整理します。

 

  • 成田亨を持ち込んだと思われるデザイン

手は「宇宙怪獣べムラー」、背中は「変身怪獣ザラガス」などデザインモチーフに数々の怪獣の名前が挙げられています。

その中でもあまり挙げられることのない「毒ガス怪獣ケムラー」という怪獣は尻尾から毒ガスを出し、初期稿では顎が分かれるギミックも搭載していた怪獣です。

今回のゴジラも顎が分かれるシーンは印象的なのですがケムラーが顎を割るシーンがカットされた理由が成田亨の怪獣三原則に反するからと考えると成田デザインを持ち込んでどうしてあんな風にしちゃったんだろうと。

有名な話では双頭怪獣パンドンがエビフライのようなデザインになった理由がまさにその怪獣三原則です。

 

ですが、ここはゴジラシリーズの話ですのでこの話は関係ないですねw

 

  • 血の描写

庵野秀明氏は「ウルトラマン」を自主製作するほどのマニアです。

にもかかわらず、円谷英二が嫌った「血」を出した理由がよくわからないなぁと感じました。

ゴジラシリーズで血を出したのは円谷英二没後のガイガン戦が初めてだったと記憶しています。

ウルトラシリーズでもスタッフが目を盗んで血の描写を入れていたと聞きます。

もしかすると円谷英二自体はそんなに神格視しているわけではなくカメラワークで大きな影響を受けていた「実相寺昭雄」あたりが好きなのかもしれません。

 

まとめ

 

往年のオタクにはものすごいウケていましたが、以上の点でモヤモヤしてしまって正直あまり楽しめなかったなぁといった気分です。

その点では「パシフィック・リム」の方がわかりやすいリスペクトがあったので個人的には楽しめました。

あと、シン・ゴジラを批判するというと「政治がどうこう」という切り口から批判している人が多いですが大半が別の映画を見てきたような感想ばかりが並んでいてそこは個人的に楽しかったです。